お墓の

お墓ミニ百科

ここに記載する内容は、愛知県近郊の一般的なお墓の知識ですが、
宗派及び地方、住職様等により多少異なる場合があります。
それぞれの詳しい内容は住職様等にお確かめ下さい。

お墓を建てる時期

きまりはありませんが、仏事に合わせて建てるのが良いでしょう。
一般に、お盆、お彼岸、一周忌に合わせて建てられる方が多い。
新仏のあるお宅の場合は、一周忌までにお墓を建て、
開眼法要を営むことが一般的です。
開眼法要には、花・線香・蝋燭の他に
山海の珍味やお餅などをお供えします。

また、生前自分のお墓を建てることを「寿陵」といい、
家に幸せを招き長寿を約束されると言い伝えられております。

お墓を建てるのに要する日数

展示商品の墓石は、彫刻準備から据付けまで、およそ1ヶ月程で完成します、
新しく墓石を作製する必要があるときは2ヶ月以上要することもあります。
特にお盆、お彼岸の時期は込み合います。余裕を持って予約されることをお勧めします。

納骨について

納骨は満中陰(四十九日もしくは三十五日)の法要を終えたうえで、その日にか、
またはあとできるかぎり早い時期におこなうのがいいといわれています。
納骨にあわせ、戒名(法名)を墓誌もしくは墓石に彫刻します。
墓石のない場合は、墓石完成にしたがい、百か日、お彼岸、お盆、
一周忌、三周忌などの日を選んで、開眼法要をつとめ納骨します。

墓地について

春日井市内およびその周辺の寺院墓地は、空きが極めて少なく、 新仏がありすぐに墓石建立を予定している方以外は入手困難と思われます。 同様に、春日井市市営墓地にも制限が設けられております。 現在、随時募集と一般募集に分けて募集しています。 随時募集は、春日井市在住者で現に祭祀をする遺骨があり、 その遺骨を一年以内に納骨するため墓所を必要とする方が対象です。 一般募集は、使用許可を受けた日から3年以内に使用設備ができることとあり、 一年に1〜2回募集があり抽選となります。

お墓を建て直すとき

お墓を改修されるときは、墓石の魂抜きの法要(お精抜き)をおこないます。
改修が終わり墓石の完成後魂入れの法要(お精入れ)を営みます。
お墓を新しくされるときは、やはり魂抜きの法要後、新しい墓石の開眼法要を営みます。
いらなくなった墓石は破棄することもしますが、寺院の無縁塔(如来塔)に祭り、
永代供養をしていただくこともできます。

お墓に戒名を彫刻するとき

墓石に戒名を彫刻するときも魂抜き法要をおこなった後、彫刻し完成後に、
魂入れの法要を営みます。およそ十日以上要します。
墓誌に彫刻する場合は、一般に魂抜き魂入れの法要はおこないません。

お墓を移転するとき

お墓を取り外す前に魂抜きの法要をおこない、移転先に建立した後魂入れの法要を営みます。 ただし、移転を実行する前に
※埋葬証明書を旧墓地の管理者に発行してもらいます。

1.受け入れ証明書を移転先の墓地管理者に発行してもらいます。
2.それらを旧墓地のある市区町村の戸籍課、あるいは市民課などに提出し、改葬許可書の交付を受け移転します。

※管理者とは、寺院墓地ならば住職、共同墓地霊園ならば役所もしくは墓地管理者です。

お問い合わせ

analyze